読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nelsonの能勢

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪やコレステロールが多く蓄積した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、糖尿病を始めとした多様な疾患の因子となる可能性があることをご存知でしょうか。
植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つであるスルフォラファンというブロッコリーに含まれている揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓に存在している解毒酵素の効率的な発生を促進しているのではないかという新たな事実関係がわかりました。
陰金田虫とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)という名称で、カビの一種である白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、尻などに感染し、棲みつく病気のことであり水虫です。
常時肘をついた横向きの状態でTVを見つめていたり、デスクの上で頬杖をついたり、ハイヒールなどをいつも履くというような癖や習慣は肉体のバランスを乱れさせる素因になります。
酒類に含まれるアルコールをクラッキングする働きがあるナイアシンは、宿酔に効きます。辛い二日酔いの誘因物質とされる酢酸アルデヒドアセトアルデヒド)という物質のクラッキングにも作用します。
ストレスがかかり、蓄積してしまう構図や、手軽で有効なストレス対策など、ストレス関係の初歩的な知識を勉強しようとする人は、現時点ではまだ少ないようです。
薬剤師転職 豊島区
ハーバード大学医学校の調査結果によれば、通常のコーヒーと比較して毎日2カップ以上カフェインが90%以上除去されたコーヒーを飲用すれば、あの直腸がんの発生率を半分も減少させたという。
脂漏性皮膚炎というものは皮脂の分泌異常が要因で引き起こされる発疹で、皮脂分泌の異常の要因として男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの不均衡やリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの不足などが考えられます。
脂肪過多に陥っている肥満は当たり前のことながら食事内容や運動不足が素因ですが、同量の食事であっても、短時間で終了する「早食い」を日常化することにより体重過多に陥っている肥満の状態を招く可能性が高まります。
侮ってはいけないインフルエンザに適応した予防方法や病院での手当等、このようなベーシックな対策というものは、季節性インフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザでも一緒です。
鍼を皮膚に刺してもらう、という物理的な程よい複数の刺激は、神経細胞を活発にし、神経インパルスという名の電気信号の化学伝達を発起させると言われているようです。
BMI(体重指数)の計算式はどこの国でも同じですが、数値の評価レベルは国家によって少しずつ違い、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準体重、25以上は肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と広報しています。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンに代わり、平成24年9月1日から任意接種ではなく定期接種となることによって、集団接種ではなく小児科などの医療機関で個々に注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変わりました。
環状紅斑は輪状、要は輪っかのようなまるい形状をした真っ赤な発疹や鱗屑など、皮ふの病気の総合的な病名であって、その理由は実にいろいろだといえるでしょう。
基礎代謝量(kcal)とは睡眠中ではなく目覚めている状態で生命活動を保つ(鼓動、口からの呼吸、腎機能の活動、体温や筋緊張のキープなど)ために要る最も小さいエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。