ハチコのテンレック

アルコールを分解するという作用があるナイアシンは、不快な宿酔に極めて効果的です。苦しい宿酔の素因とされるエタナール(アセトアルデヒド)という化学物質の無毒化にも関係しています。
日光に当たると生成されるビタミンDは、Caが体に吸収されるのを助長する特徴が特に有名で、血中のCa濃度を操作して、筋繊維の動きを操ったり、骨を作り出してくれます。
肝臓を健康な状態に保ち続けるためには、肝臓の有害物質を分解する作用が低くならないようにする、言いかえれば、肝臓を老化させない対策を実行することが効果的だと言われています。
お薬、アルコール、合成乳化剤を始めとした食品添加物等の成分を特殊な酵素によって分解し、無毒化する活動を解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓の担う最も重要な働きの一つだということは間違いありません。
男性だけにある前立腺は成長や働きにアンドロゲン(男性ホルモン)がとても深く関係していますが、前立腺に現れてしまったがんも同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの作用で成長してしまいます。
緊張型頭痛というのはデスクワークなどでの肩こりや首筋の凝りによる最も多いタイプの慢性頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような頭痛」「ズドーンと重苦しいような鈍い痛さ」と言い表される症状が特徴です。
パソコン画面の青い光を抑える専用眼鏡がことさら人気を集める理由は、疲れ目の軽減にたくさんの人が挑んでいるからではないでしょうか。
四六時中ゴロンと横向きになってテレビを眺めていたり、ほっぺたに頬杖をついたり、踵の高い靴等をよく履いたりという癖や習慣は体の均衡を悪くする原因となります。
江戸川区で近所にバレずに自宅を売却したい方必見!資産整理ならリースバック!
基礎代謝というのは人間が何もしていなくても燃えてしまうエネルギーのことですが、半分以上を様々な骨格筋・最大の内臓である肝臓・多量の糖質を消費する脳で消費するということをご存知ですか?
ヘルニアというものは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間にあって緩衝材みたいな役目を持っている椎間板(ついかんばん)というやわらかい組織がはみ出してしまった症例の事を表しています。
吐血と喀血、両方とも口から血を吐くことですが、喀血とはのどから肺を繋いでいる気道(呼吸器…respiratory system)から血が出る症状で、吐血とは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管から血が出る状態を表します。
花粉症の病状(水っ洟、鼻づまり、くしゃみなど)のせいで夜よく睡眠を取れないと、それが元凶で慢性的な睡眠不足になり、翌朝目覚めてからの諸活動に思わしくない影響を与えることもあります。
なんとなく「ストレス」は、「溜めないようにすべき」「排除すべきもの」と考えがちですが、本当は、私たち人間は様々な種類のストレスを経験するからこそ、生きていくことができます。
20歳代、30歳代で更年期になるなら、医学的な用語では「早期閉経(premature menopause)」という疾患を指します(この国の場合は40歳以下の比較的若い女の人が閉経するケースをPOF(Premature Ovarian Failure)と言っています)。
胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な施術ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング」もしくは「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス手術」の双方の手段が精力的に用いられています。